船舶検査代行

定期検査及び中間検査は一定の周期で受ける事が義務付けられております。コン・フォートでは検査の手続きや名義登録等の代行を承っております。

定期検査
初めて船舶を航行させるとき又は、船舶検査証書の有効期限(6年)が満了した時に受ける精密な検査
中間検査
定期検査と定期検査(3年目)との間に受ける簡単な検査


これら定期的な検査の受検時期は、中間検査で6ヶ月、定期検査で3ヶ月の受検時期があります。
この間に受検すれば次回検査の受検時期が繰り上がることはありませんが受検時期以前に受検した場合は、次回検査の時期が繰り上がります。

■船検に必要なもの
・船体・推進機(船外機・エレキモーター等)
・法定備品(ライフジャケット定員分・信号紅炎・係船ロープなど)
・その他備品(バッテリー・燃料タンク等)
・船舶検査手帳・船舶検査証書
・登録済みの船は小型船舶登録事項通知書
・委任状1通 (三文判 押印)
船検でお持込み頂く際は、必ず事前にお電話等でご連絡頂きます様、宜しくお願い致します。
名変や書類の再発行を伴う場合は、必要書類や費用が異なります。

ボート・船外機の中古買取販売、船外機修理、ロッド修理 釣具 船舶免許講習 釣り具屋com’fort(コンフォート) のホームページです!